2018.11.26

レアル、リーガでの不振は昨季から…過去51試合で勝率は55パーセント

レアル・マドリード
不振が続くレアル・マドリード [写真]=Soccrates/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは24日、リーガ・エスパニョーラ第13節でエイバルと対戦し、0-3で敗れた。25日付のスペイン紙『マルカ』は、リーグ戦におけるレアル・マドリードの不振が1年以上前から続いていることを指摘している。

 同紙によると、“混迷”がスタートしたのは昨年5月21日に行われた2016-17シーズンのリーグ最終節でマラガに勝利し、33回目のリーグ優勝を決めてからだという。以降、昨シーズンのリーグ開幕戦から24日のエイバル戦に至るまで、レアル・マドリードはリーグ戦51試合を戦い、28勝12分け11敗。勝率は約55パーセントにとどまっている。昨シーズンは22勝10分け6敗の勝ち点「76」で3位、すでに勝率は約58パーセントだったことから、リーグ戦における不振は今シーズンに始まったことではないと言えるだろう。

 なお、第13節エイバル戦の成績を反映する前、すなわちリーグ戦の過去50試合において、レアル・マドリードは稼いだ勝ち点がバルセロナより「21」、アトレティコ・マドリードより「6」少なかった。この間にレアル・マドリードが喫した失点は実に「60」。バルセロナは同期間で47失点、アトレティコ・マドリードはわずか30失点だったことから、やはり失点数の多さが致命的なものとなっているようだ。

 果たして、レアル・マドリードは長らく続いているリーグ戦の不振から抜け出すことができるだろうか。次節は12月1日、ホームでバレンシアと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る