FOLLOW US

“神童”が先制点を演出…監督交代敢行のレアル、リーガ6試合ぶりの勝利

先制点の起点となったヴィニシウス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第11節が3日に行われ、レアル・マドリードバジャドリードを2-0で下した。試合はスコアレスのまま進んでいくも、83分にヴィニシウス・ジュニオールのクロスが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、レアル・マドリードが先制に成功する。88分にはセルヒオ・ラモスがPKを沈めて追加点を挙げる。試合はこのまま終了し、監督交代を敢行したレアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラ6試合ぶりの勝利を飾った。

 次節、レアル・マドリードは11日に敵地でセルタと対戦。一方、バジャドリードは10日にエイバルをホームに迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 バジャドリード

【得点者】
1-0 83分 キコ・オリバス(OG/レアル・マドリード
2-0 88分 セルヒオ・ラモス(PK/レアル・マドリード

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
クルトワ;オドリオソラ、S・ラモス、ナチョ、レギロン;カゼミーロ(56分 イスコ)、クロース、モドリッチ;ベイル(71分 L・バスケス)、ベンゼマ、アセンシオ(73分 ヴィニシウス)

バジャドリード(4-2-2)
マシップ;モジャーノ(85分 チョプ)、オリバス、カレロ、ナチョ;アントニート、ミチェル、アルカラス、ビージャ(69分 ヴェルデ);スアレス(76分 プラノ)、ウナル

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA