FOLLOW US

レアルMFセバージョス、レバンテ戦に敗れ落胆あらわ「感触は非常に悪い」

レバンテ戦で途中出場だったセバージョス [写真]=Quality Sport Images/Getty Images

 レアル・マドリードは20日、リーガ・エスパニョーラ第9節でレバンテと対戦し、1-2で敗れた。試合後、レアル・マドリードのスペイン代表MFダニ・セバージョスが落胆する様子を見せている。スペイン紙『マルカ』が同選手のコメントを伝えた。



 レバンテ戦を落とし、レアル・マドリードはリーグ戦2連敗となった。公式戦5試合で1分け4敗と不振に陥っているが、この試合で60分に投入されたセバージョスはチームの状態が良くないことを認めている。

「感触は非常に悪い。勝たなければいけない試合だった。言い訳をしてはいけない」

「僕たちにはたくさんのチャンスがあった。レバンテのGKがこの試合のベストプレーヤーだ。負け続けることはできないし、僕たちはそれぞれこの試合を振り返り、次の試合に向き合わなければならない」

 セバージョスはこのように語り、次のゲームに向けて反省する必要があるとした。レアル・マドリードは23日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でプルゼニと対戦し、28日にはリーグ第10節でバルセロナとの“エル・クラシコ”に臨む。一刻も早く、チームを立て直したいところだ。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA