2018.10.08

「僕の調子の悪さを喜ぶ人達がいる」…ピケ、パフォーマンス批判に憤慨

ピケ
ピケが自身のパフォーマンスを批判する人達に憤慨 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケは、自身のパフォーマンスを批判する人達に憤慨している模様。スペイン紙『マルカ』が8日に報じている。



 リーガ・エスパニョーラ第8節が7日に行われ、バルセロナはアウェイでバレンシアと対戦し、1-1で引き分けた。これにより、バルセロナはリーグ戦4試合で未勝利となった。

 この試合で失点に絡んだピケは、批判する人達に対して次のように怒りをあらわにした。

「僕の調子が悪いことを、喜ばしく思っている人達がたくさんいる。僕はそのことを知っている。そうやって日陰に隠れて楽しまず、太陽の光でも浴びて楽しむべきだ」

「バレンシア戦の失点シーンは確かに僕のミスだ。しかし、僕のミスを待ち望んでいる人達はレアル・マドリードやアトレティコ・マドリードのサポーターだけではないんだ。テレビメディアもそうだ。悪い調子をすぐに上げてみせるから、彼らは足下をすくわれるだろう」

 8月にスペイン代表引退を表明したピケ。インターナショナルウィーク中に調子を上げることができるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る