FOLLOW US

ついにレアルデビュー! 守護神・クルトワについて知っておきたい10のこと

今夏レアル・マドリードの一員となったクルトワ [写真]=Getty Images

 今夏の移籍市場でチェルシーから加入したベルギー代表GKティボー・クルトワが、レアル・マドリードでのデビューを果たした。1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節のレガネス戦で初先発を果たすと、チームの開幕3連勝に貢献した。そこで今回は、ロシア・ワールドカップの大会最優秀GKにも選出されたクルトワについて、知っておきたい10のことを紹介する。

①もともとは攻撃的サイドバック
サッカーを始めた当初は、攻撃的な左サイドバックだった。しかし14歳の時、所属していたクラブのGKが不在だったため、急きょ試合でゴールマウスを守ると好セーブを連発。大会のベストGKに選ばれたことをキッカケに、本格的にGKを志すようになったそうだ。母国のゲンクでリーグデビューを果たしたのは、16歳の時。その後も順調に成長を遂げ、今や世界最高の守護神の一人に数えられる。

②両親が与えた影響
両親はともにバレーボール選手で、自宅の裏庭にはビーチバレーのコートがあった。そこで毎日のようにトレーニングしたことが、GKとしての原型を形作ったと本人も認めている。ちなみに、姉バレリーもバレーボールの選手であり、2014年には代表選手として世界選手権に出場。日本とも対戦し、勝利を収めた。

③天敵は?
クルトワがこれまでのキャリアで最も苦手としている選手は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。アトレティコ・マドリードに所属した2011年から2014年の間に、9試合戦って10得点を奪われた。ただし、C・ロナウドはクルトワの加入が決まる数週間前にレアル・マドリードからユヴェントスに移籍。両雄は再び敵同士として対戦する可能性がある。

④レアル移籍の理由
元パートナーのスペイン人女性との間に生まれた2人の子供がマドリードで暮らしていたことが、レアル・マドリードへの移籍を決めた最大の理由だったとされる。クルトワの代理人は「“子どもたちの近くにいたい”という、一人の人間としての決断だ」と説明。実際、サンティアゴ・ベルナベウで行われた入団会見には、2人の子供も出席。家族とともに記念撮影を行っている。

ティボー・クルトワ

家族と一緒に入団会見に臨んだクルトワ [写真]=Getty Images

⑤アイドルは元オランダ代表GK
子供の頃のアイドルは、アヤックス、ユヴェントス、マンチェスター・Uなどで活躍した元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールだったという。どちらも2メートル近い長身を誇りながら、水準以上の俊敏性を備え、セービング技術も高い。加えて、安定したパフォーマンスを発揮できる。GKとしてのキャラクターは非常によく似ている。

⑥一番のアミーゴは?
サッカー界で一番の“アミーゴ”は、同胞のエデン・アザール。レアル・マドリードへの移籍が決まった際、クルトワは「エデンは常に僕と一緒にいないといけない。僕がいる場所に彼を連れてきたい」と発言したほどだ。しかし、アザールのスペイン移籍は実現せず。今後、2人が再会することはあるだろうか。

⑦語学堪能
これまで、ベルギー、スペイン、イングランドでプレーした経験があることから、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語の4カ国語を不自由なく話す。味方とのコミュニケーションが重要視されるGKにとって、語学堪能であることは大きな武器だろう。

⑧史上7人目のGK
2011年から2014年まで、アトレティコ・マドリードに所属していたクルトワ。マドリードの2大クラブでプレーする史上7人目のGKになる。なお今夏には、レアル・マドリードの下部組織で育ったスペイン人GKアントニオ・アダンが、ベティス経由でアトレティコ・マドリードに加入した。彼が両クラブでプレーする6人目のGKだ。

⑨“禁断の移籍”に古巣ファンは…
アトレティコ・マドリードの本拠地ワンダ・メトロポリターノのスタジアム前広場には、同クラブで100試合以上に出場した選手を称える記念のプレートが埋め込まれている。そこには154試合に出場したクルトワのものもあるが、今回の“禁断の移籍”を受けて一部サポーターによる落書きが発生。警備員が制止に入る騒ぎとなった。

⑩「ティボーティング」
クルトワと言えば、199センチの長身とクモのような長い手足を生かしたセービングが特長だ。アトレティコ・マドリード時代には、同選手の「横っ飛びセーブ」がファンの間で大流行。SNSには、彼のセーブする姿を真似た写真や動画が大量に投稿された。この行為は「ティボーティング(Thibauting)」と名付けられ、2013年の「ベルギースポーツ界における流行語大賞」にノミネートされたという。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO