2018.04.19

柴崎岳は2戦連続の出番なし…ヘタフェ、敵地で上位バレンシア破り2連勝

ヘタフェ
レミー(右端)の2ゴールでヘタフェが勝利 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第33節が18日に行われ、日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェはアウェイでバレンシアと対戦した。柴崎は2試合連続のベンチスタートとなった。

 現在10位のヘタフェは16分、ハーフウェイライン付近でボールを奪うと、ダミアン・スアレスが前線へ絶妙なスルーパスを供給。これに反応したロイク・レミーが右足シュートを流し込んで先制点を奪った。

 対する4位バレンシアは40分、右サイドのFKでダニエル・パレホのクロスから、ファーのシモーネ・ザザがヘディングシュートを放つが、枠を捉えず。試合はヘタフェの1点リードで折り返す。

 後半に入って49分、右サイドを突破したホルヘ・モリーナがエリア内に侵入したところで中央へ横パス。これをレミーが右足ダイレクトで叩いてゴール右隅に決め、ヘタフェがリードを2点に広げた。

 だが、バレンシアも69分に反撃が実る。エリア手前右でパスを受けたロドリゴが、素早い反転から左足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に決まり、1点を返した。さらに73分には右サイドからのクロスに、中央フリーのザザが頭で合わせるが、これは枠の上に外れた。

 1点を追うバレンシアだったが、86分にパレホがボールのないところでモリーナに肘でタックルし、レッドカードで1発退場となった。試合はこのまま終了し、ヘタフェが上位相手に敵地で2-1の勝利を収めて2連勝。バレンシアは2連敗となった。なお、柴崎はベンチ入りしたが、2試合連続で出番なしとなった。

 ヘタフェは次節、21日に敵地でMF乾貴士が所属するエイバルと対戦。バレンシアは同日にセルタとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
バレンシア 1-2 ヘタフェ

【得点者】
0-1 16分 ロイク・レミー(ヘタフェ)
0-2 49分 ロイク・レミー(ヘタフェ)
1-2 69分 ロドリゴ(バレンシア)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る