2018.04.06

都並敏史氏が語る「左サイドバック論」。独自の視点でリーガのベスト5を選出

都並敏史さんの濃密な「左サイドバック論」は必見 [写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

「基本的にディフェンス能力が高くない選手は好きじゃないんです。結論から言うと、僕の“ベスト5”にマルセロは入りませんから」。リーガでプレーする左サイドバックの「ベスト5の選出」を依頼すると、WOWOWのリーガ解説者として活躍する都並敏史さんは開口一番そう断言した。かつて日本代表の不動の左サイドバックとして一時代を築いた都並さんの濃密な左サイドバック論と、独自の視点で選んだこだわりのベスト5。王者レアル・マドリードの左サイドバックが選外になった理由とは……。

インタビュー・文=国井洋之 取材協力=WOWOW

■指標となるのは「アトレティコでレギュラーになれるかどうか」

——都並さんが考える左サイドバックに必要な能力、条件を教えてください。

まず4バックであれ3バックであれ自陣の左サイドを担当する選手は“ディフェンダー”であるべきです。DFである以上、守備面の能力、あるいは守備の意識が不可欠になる。4バックであれば、4枚のDFとGKで「絶対に失点しない」という考え方を持っている選手、そしてそれを実践できる選手が好きですね。

サイドバックとして必要な能力となるとかなり細かい話になりますが、対峙する相手に対しての1対1の能力、アプローチの距離感、激しさ……それから相手に中央を突かれた時、または外を狙われた時の体の向きや足の運び……すべてを見ています。

1対2の状況を作られた時にどう対応するか、逆サイドからのクロスに対してどのタイミングで体の向きを整え、どのタイミングで相手を捕まえ、あるいはどのタイミングで味方に声をかけるかも大事です。逆サイドからのクロスに対して、目の前の選手に寄せすぎて、外から入って来る選手にやられてしまうというシーンはよくありますよね。でも、いいサイドバックというのはセンターバックとの距離間を保ちながらしっかりとバランスを取ったり、自分がマークに付くのであれば逆サイドの味方に指示を出したり、というように細かい作業をしている。試合中はそういうことができているかどうかを見てしまいますね。

——リーガには守備面よりも攻撃面で目立つサイドバックが多いように感じます。

もちろんレベルが高くなればなるほど、攻撃でも違いを見せないといけない。ただ、攻撃力は長けているけれど守備は疎かという選手は、僕は評価しませんし、好きではないですね。まずディフェンスがあって、つなぎがあって、その先にいいタイミングでの攻撃参加があって、クロスがある。リーガのサイドバックは大抵クロスがうまいので、ぱっと見た時にはスーパーな選手が多いように感じますけどね。

僕の基準で言うと、一つの指標となるのは「アトレティコ・マドリードでレギュラーになれるかどうか」。これは非常に大きなポイントになると思います。どういうことかというと、アトレティコには(ディエゴ)シメオネ監督のアルゼンチンサッカーが根幹にある。アルゼンチンやイタリアは守備においては世界一細かいんですよ。だから、シメオネのチームではそうした細かい部分を持っているサイドバックじゃないと務まらない。

冒頭でも言いましたが、例えばマルセロはシメオネの下ではサイドバックとして使われないんじゃないかな。当然攻撃力は素晴らしいし、3バックのワイドならまた違ってきますけどね。今のレアルは(左サイドのスペースを)カゼミーロが全部カバーするというメカニズムが確立されている。それはマルセロの攻撃力を生かすためであり、(ジネディーヌ)ジダン監督はマルセロをサイドバックという目線では見ていないと思います。

——現役時代の都並さんは効果的なオーバーラップ…つまり攻撃力が持ち味の一つという印象があったので、「まず守備から」という考え方は少し意外でした。

当時の僕はオーバーラップに関して非常に高い評価をいただいていました。でも、僕自身が「人と違うな」と思う能力、読売クラブで最初は評価されずにいた持ち味というのは全然違うんです。僕の中ではリスクマネジメントであったり、カバーリングのポジション取りであったり、自分が左サイドで起点を作ってボールが逆サイドにいった時のポジショニングであったり……実はそういう部分を重要視していました。リーガにはそういうものが当たり前にあるので、改めてそこが大事なんだということを感じています。

——ご自身が現役時代に得意だったプレー、課題としていたプレーは何ですか?

得意だったのはインターセプトです。最初はカバーリングだけだったんですけど、徐々に覚えていって、晩年にはそれがバランスよくできていたと思います。オーバーラップに関しては外から回ってクロスを上げるというのは得意でしたが、ジョルディ・アルバのように自分が中に入っていくインナーラップは得意ではなかった。中に入って自らシュートを打つというのもそれほど得意ではなかったですね。攻撃面は発展途上のまま終わってしまった感じです。いろいろとサッカーを理解した時には体がもう追いつかなくなった。もっと若いうちから指導を受け、コンディショニングに気を使っていたら、全然違ったキャリアがあったかもしれない。だから今の若い選手たちにはそれを常に言い続けています。

——今おっしゃっていたようなお話を解説中も意識して見ているのですか?

めちゃめちゃ見てます。常に勉強ですからね。例えばアトレティコのメカニズムは