2018.06.17

6月17日は「父の日」 今年“パパ”となった6人のW杯戦士を紹介

ワールドカップ
グティエレス、イグアイン、J・アルバ、エリクセン、バスケス、ファシオ(上段左から時計回り) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 6月17日(日)は「父の日」。2018 FIFAワールドカップ ロシアに参加中の選手たちの中にも“父”としての顔を持つ選手は多い。そこで今回は、今年(2018年)に入ってから子どもが生まれ、初めて“パパ”となったW杯出場選手たちを紹介する。

ジョルディ・アルバ(スペイン代表DF)

J・アルバ

[写真]=AMA/Getty Images

バルセロナとスペイン代表で不動の左サイドバックとして活躍を続けるジョルディ・アルバは、1月18日にパートナーでモデルのロマレイ・ベントゥーラとの間に第一子となる男の子が誕生したことを発表した。名前は「ピエロ(Piero)」。今年3月には、バルセロナの本拠地カンプ・ノウで家族3人揃っての記念撮影を実施するなど、早くもバルサイズムを叩きこんでいるようだ。“パパ”となって初めて迎える今回のW杯で再び世界の頂点に立ち、愛する息子に大きなプレゼントを持ち帰ることはできるのか、注目される。

ルーカス・バスケス(スペイン代表FW)

L・バスケス

[写真]=Getty Images

今シーズン、“攻撃の切り札”としてレアル・マドリードのチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献し、自身初のW杯メンバー入りを果たしたルーカス・バスケス。プライベートの方も絶好調で、昨夏にマカレナ・ロドリゲスさんと結婚式を挙げると、CL優勝決定から5日後の5月31日に第一子となる男の子が誕生した。驚くべきことに、名前は自分と全く同じ「ルーカス(Lucas)」。監督を務めていたフレン・ロペテギ氏が開幕直前に電撃解任されて揺れに揺れているスペイン代表だが、今最も“ツイテいる”男がチームに再び幸運をもたらすかもしれない。

クリスティアン・エリクセン(デンマーク代表MF)

エリクセン

[写真]=Action Plus via Getty Images

アイルランドとの欧州予選プレーオフでハットトリックを達成し、デンマークを2大会ぶりのW杯本大会出場に導いたクリスティアン・エリクセンも、つい最近“パパ”となった選手の一人。今月4日に第一子となる男の子が誕生すると、9日に行われたメキシコとの国際親善試合では愛息に捧げるゴールをマーク。さらにペルーとのW杯初戦では決勝点をアシストしてみせた。着用するスパイクには、息子の誕生日(6月4日)が刻まれているという。代表の“10番”として、また一家の大黒柱として、さらなる活躍が期待される。

ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表FW)

イグアイン

[写真]=Fantasista/Getty Images

一時はW杯メンバー入りが絶望的と囁かれながら、無事にロシア行きの切符を手にしたゴンサロ・イグアイン。嬉しいことは続くもので、5月21日には恋人のララさんがイタリアのトリノで女の子を出産した。愛娘の誕生をよほど楽しみにしていたのか、同選手は今年2月の時点で名前を公表。セリエAのジェノア戦で着用したスパイクに、「アルマ(ALMA)、ララ、ゴンサロ」と家族3人の名前を刻んでいたのだ。迎えたW杯初戦のアイスランド戦では、途中出場したもののチームを救うゴールを奪えずドロースタートとなったが、今後の爆発に期待したい。

フェデリコ・ファシオ(アルゼンチン代表DF)

ファシオ

[写真]=Getty Images

31歳にして初のW杯メンバー入りを果たしたフェデリコ・ファシオは今月5日、代表合宿を行っていたバルセロナからセビージャに飛び立ち、妻の出産に立ち会った。そして生まれてきた男の子に「トマス(Tomás)」と名付けると、待ち構えていた母国メディアの前で「実際に立ち会うまでは実感がわかないものだけど、他に比べようのない経験だ。本当にそう思うし、感動している」と興奮気味に語った。「W杯の開幕までに、(出産が)間に合わないんじゃないかと思っていた」ともこぼしたが、“できる”息子はしっかりと本番に合わせてきたようだ。

エリック・グティエレス(メキシコ代表MF)

グティエレス

[写真]=Getty Images

“新米パパ”の中でも、彼ほど特別なW杯を迎える選手はいないかもしれない。パチューカで日本代表MF本田圭佑と同僚のエリック・グティエレスは、ロシアW杯の予備登録メンバーに名を連ねていたが、土壇場で落選。しかし、それから奇跡が起こる。11日に第一子となる男の子が誕生すると、開幕前日の13日に負傷したDFディエゴ・レジェスに代わって、メキシコ代表に追加招集されることが決まったのだ。15日には、23歳の誕生日を迎えたばかり。「これまでの人生で最も幸せな一週間を過ごしている」と話すMFは、今日17日に初戦のドイツ戦を迎える。“ラッキーボーイ”として、世界王者に一泡吹かせることができるのか。背番号5のプレーに要注目だ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る