2018.03.26

公私ともに順風満帆…S・ラモスが第3子誕生を報告「感謝する」

S・ラモス
S・ラモスは、先日のドイツ戦でスペイン代表150試合出場を達成していた [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが25日、パートナーであるピラール・ルビオさんとの間に第3子が誕生したことを自身のInstagram(@sergioramos)で報告した。

 S・ラモスは23日に行われたドイツ代表との国際親善試合で、同国代表として150試合出場を達成。27日にはアルゼンチン代表との親善試合を控えているが、代表チームを一時的に離れて出産に立ち会っていたようだ。

 なお25日は、クリスマスと並ぶキリスト教2大祝日である復活祭(イースター)の1週間前の日曜日だった。この日は“枝の主日”にあたり、スペイン語で「エル・ドミンゴ・デ・ラモス」と呼ばれる。奇しくも“ラモス”の名前が入った日の第3子誕生だったことも現地で話題を呼んでいる。

 同選手は、「アレハンドロ」と名付けた第3子とルビオさんとの3ショット写真をInstagramに投稿。「みんなにアレハンドロのことを紹介できてとても嬉しい。18時24分(エル・ドミンゴ・デ・ラモスの日)に生まれた。体重は3.1キログラム。見てのとおり、母と赤ん坊はとても元気だ。僕らの幸せを共有できることに感謝する。ピラール、君のことを愛しているよ」とメッセージをつづった。

 S・ラモスとスペインのテレビ局で司会などを務めるルビオさんは、2012年から交際を開始。2人の間には、2014年5月に誕生した長男セルヒオくんと、2015年11月に誕生した次男マルコくんがおり、三男アレハンドロくんの誕生で男3兄弟となった。なお、ルビオさんは今月17日に40歳の誕生日を迎えたばかりだった。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る