FOLLOW US

カラスコ、トーレスに続く移籍の噂…アトレティコ、ガイタンも中国行きか

中国1部クラブ移籍の可能性を報じられたガイタン [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタンが、中国スーパーリーグ(1部)の大連一方へ移籍する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『アス』が26日に報じている。

 報道によると、ガイタンは中国に渡ってメディカルチェックを受ける予定で、大連一方と3年契約を締結する見通しとなっているようだ。移籍金は1800万ユーロ(約23億6000万円)と伝えられている。

 現在30歳のガイタンは昨年夏の移籍市場でベンフィカからアトレティコ・マドリードへ加入したものの、コンスタントに出場機会を得ることができていない。リーガ・エスパニョーラでは第25節終了時点でわずか6試合(先発は1試合)の出場にとどまっている。

 今冬の移籍市場でもプレミアリーグのクラブへ新天地を求める可能性を報じられていたガイタン。当時はオファーに断りを入れたが、中国行きを決断したようだ。

 なお、ガイタンの移籍先として報じられた大連一方は今月21日と22日付の『アス』にて、ベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコやスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得する可能性も伝えられている。アトレティコ・マドリードから選手が続々と中国へ渡ることになるのか、今後の動向に注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO