FOLLOW US

スペイン紙がレアルのBBCを絶賛…一方でイスコは「立場が弱くなった」

4-1でバレンシアに勝利したレアル・マドリード [写真]=Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は27日に行われたリーガ・エスパニョーラ21節レアル・マドリード対バレンシアの一戦で先発出場したBBCを高く評価しているようだ。

 同紙はレアル・マドリードが4-1で勝利を収めたこの一戦において、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの攻撃ユニット“BBC”が評価を高めたとみているようだ。

 この試合では負傷の影響もあり、なかなか揃わなかったBBCが280日ぶりに先発出場。同チームは守備に不安を残したが、BBCを中心とする攻撃陣はバレンシアを苦しめた。

 同紙は、「今季不振に喘ぐレアル・マドリードにとって今後BBCはカギになる。ジダン監督にとっても朗報となるだろう」と評している。また、勝利のポイントとして、ロナウドとコスタリカ代表GKケイラー・ナバスを挙げている
 
「ロナウドはベストな状態に戻ってきたようだ。ペナルティーエリア内では危険な存在となり、バレンシアの守備陣を苦しめた。彼はBBCであれば本来のプレーができるようだ。いとも簡単にピッチ上で最も優れたプレイヤーになってしまった」

ケイラー・ナバスは数多くのビッグセーブをやってのけ、またもやスターになった。彼は(チェルシー所属ベルギー代表GK)ティボ・クルトゥワや(マンチェスター・U所属スペイン代表GK)ダビド・デ・ヘアの移籍の噂が絶えない中、自身の価値を証明する機会を多く作った」

 同紙はまた、BBCの活躍はこれまでレギュラーとしてプレーしてきたスペイン代表MFイスコの立場を脅かすものであるという考えを示している。
 
イスコなしのレアル・マドリードは大きな勝利を手に入れた。イスコ不在のセビージャ戦、デポルティボ戦、そしてこの一戦はイスコの立場を弱くしてしまう結果となった。ジネディーヌ・ジダン監督の中でイスコは攻撃のオプションになってしまうだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA