FOLLOW US

主力温存のレアル、国王杯ベスト8進出も…2度リード追いつかれ2部相手にドロー

レアルは2部相手に2どのリードを追い付かれドローで終了 [写真]=Action Plus via Getty Images

 コパ・デル・レイ(国王杯)5回戦セカンドレグが10日に行われ、レアル・マドリードとヌマンシア(2部)が対戦した。

 ファーストレグは主力を温存しながら、3-0で快勝したレアル。ホームでのセカンドレグもクリスティアーノ・ロナウドやセルヒオ・ラモスらが招集外となったが、開始10分に幸先よく先制する。右サイドのダニエル・カルバハルからのクロスを、ゴール前左でフリーのルーカス・バスケスが頭で叩き込み、先制点を決めた。

 レアルはその後も主導権を握ったが、追加点が遠いと、逆に前半終了間際の45分にカウンターから失点。ヌマンシアは左サイドを抜け出したマルク・マテウの折り返しを、ファーのギジェルモ・フェルナンデスが合わせて、試合を振り出しに戻した。

 それでも後半に入って59分、レアルは左サイドを抜け出したマルコ・アセンシオのクロスをファーのボルハ・マジョラルが頭で落とすと、ゴール前に走り込んだL・バスケスが右足で押し込み、勝ち越しに成功した。

 しかし82分、左サイドでこぼれ球を拾ったサウールがダイレクトでクロスを送ると、中央のG・フェルナンデスがヘディングシュートをゴール右隅に流し込み、ヌマンシアが土壇場で再び同点に追いついた。

 後半アディショナルタイム2分には、ヌマンシアDFダニ・カルボが2枚目のイエローカードを受けて退場となるが、試合はそのまま2-2で終了。レアルはホームで格下相手に引き分けたが、2試合合計5-2で準々決勝に駒を進めた。

【スコア】
レアル・マドリード 2-2(2試合合計:5-2) ヌマンシア

【得点者】
1-0 10分 ルーカス・バスケス(レアル)
1-1 45分 ギジェルモ・フェルナンデス(ヌマンシア)
2-1 59分 ルーカス・バスケス(レアル)
2-2 82分 ギジェルモ・フェルナンデス(ヌマンシア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO