2017.12.11

ブスケツが累積警告リーチ、レアル戦見据えて温存も…バルサ指揮官の選択は?

ブスケツ
今季のリーガとCLで全試合に出場しているブスケツ [写真]=Power Sport Images/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 23日にレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”へ臨むバルセロナだが、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが累積警告による出場停止にリーチがかかってしまった。10日付のスペイン紙『マルカ』など、複数メディアが伝えている。

 ブスケツは10日、リーガ・エスパニョーラ第15節のビジャレアル戦で先発メンバーに名を連ねた。すると45分、今シーズン4枚目のイエローカードを提示された。

 リーガ・エスパニョーラでは、累積警告が5枚に達すると、1試合の出場停止処分を科されることとなる。ブスケツは“リーチ”の状態となり、17日に行われる第16節のデポルティーボ戦で警告を受けると、23日に行われる第17節レアル・マドリード戦は出場停止となってしまう。

 なおブスケツは今シーズン、リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(CL)では全試合に出場。欠場した公式戦は、レアル・ムルシア(3部)と対戦したコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の2試合のみとなっている。中盤の要として不可欠な存在であるだけに、同選手がレアル・マドリード戦に出場できないという事態は避けたいところだ。

 ただ、次節の対戦相手であるデポルティーボは過去3シーズン連続でバルセロナから勝ち点を奪っている。現在は17位に低迷しているとはいえ、難敵だ。

 ブスケツを継続起用するのか、あるいは“エル・クラシコ”を見据えて温存するのか。首位を快走するバルセロナだが、エルネスト・バルベルデ監督は大一番を前にして難しい決断を迫られることになりそうだ。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング