2017.12.01

マスチェラーノ、バルサ退団を希望「やり残したことはほとんどない」

ハビエル・マスチェラーノ
バルセロナ退団希望を明かしたマスチェラーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノがバルセロナ退団を希望しているようだ。大手メディア『ESPN』が30日付で報じた。

 マスチェラーノは2010年にリヴァプールからバルセロナへ移籍し、中心選手として活躍。守備の要として2度のチャンピオンズリーグ優勝や4度のリーガ・エスパニョーラ優勝を含め、計17個のタイトルを経験している。

 しかし今シーズンは、思うように出場機会を与えられず、同選手は2019年の契約期間満了を待たずに退団を希望していることを明かした。

「ここでの挑戦は終わりを迎えたと思う。バルセロナでは長い間過ごしたから、ここでできることはもうそれほど残っていない。やり残したことはほとんどないね。今の状況は深刻ではないと思うし、このクラブで最高の時を過ごしたよ。この経験は絶対忘れない」

 昨シーズン加入後初めてゴールを記録したマスチェラーノの今後の去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る