FOLLOW US

C・ロナウド、ライバルクラブは“お得意様”? 過去の対戦成績を紹介

今季未だ1ゴールのC・ロナウド [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 18日に行われるリーガ・エスパニョーラ第12節で、レアル・マドリードはアトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”を戦う。敵地ワンダ・メトロポリターノに乗り込んで迎える大一番を前に、スペイン紙『アス』がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関するデータを紹介している。

 C・ロナウドは圧倒的な得点力で長年チームをけん引してきたが、今シーズンのリーグ戦では絶不調。出場停止処分を受けていた開幕4試合を除く、7試合すべてで先発出場を果たしながら、1ゴールしか奪えていない。だが、“マドリード・ダービー”は同選手にとって好相性を誇るゲームだという。

 同紙によると、C・ロナウドはA・マドリードとの公式戦過去29試合出場して、21ゴールをマーク。クラブレジェンドのアルフレド・ディ・ステファノ氏が叩き出した17ゴールを上回る、同ダービーの歴代最多得点記録保持者となっている。さらに昨シーズン行われたダービーでは、チャンピオンズリーグ(CL)での対戦を含む4試合中2試合で得点を挙げ、いずれもハットトリックを達成している。

 ここにきて、退団を希望しているという報道が再浮上し、同僚のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの不仲も噂されているC・ロナウド。得意とするダービーマッチで再びゴールを挙げて、周囲の雑音を吹き飛ばす活躍を見せられるか。エースのパフォーマンスに注目だ。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO