2017.11.16

バルサの本拠地カンプ・ノウ、“異性を求めるファンが最も多いスタジアム”と判明?

カンプ・ノウ
バルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウ [写真]=fotopress/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナの本拠地であるカンプ・ノウは、異性を求めるファンがスペインで最も多いスタジアムであることが分かった。14日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 スマートフォンの位置情報を活用したフランス発の出会い系アプリ「Happn」は今年10月、リーガ・エスパニョーラ全20チームの本拠地を対象に調査を実施。今シーズンの第8節と第9節の試合前後、及び試合中に、同アプリを利用して異性を誘うユーザーの割合を調べたところ、最多記録を叩き出したのがカンプ・ノウだったという。

 また同調査によると、「Happn」の登録ユーザー同士のコミュニケーションが最も活発なスタジアムは、レアル・マドリードの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウだったそうだ。つまり、スペイン国内で異性間の交流が最も活発であり、カップル成立の可能性が高いスタジアムということになる。

 一方、いずれの項目でもワースト1位を記録したのは、ビジャレアルの本拠地であるエスタディオ・デ・ラ・セラミカ。また同2位にランクインしたのは、日本代表MF乾貴士が所属するエイバルの本拠地イプルアだった。

 もちろん、都心部ほどアプリ利用者数も多く、マッチングの確率も上昇する。500万人以上が居住する首都マドリードや州都バルセロナと、人口約5万人のビジャレアルや同2万7000人のエイバルとの比較で大差がつくのは仕方のないことかもしれない。ただ、ビジャレアルやエイバルでは、サッカーの試合を真面目に観戦しているファンが多いということも言えそうだ。

■「Happn」を通じて異性を誘うファンが多いスタジアムランキング
1. カンプ・ノウ(バルセロナ)
2. サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリード)
3. メスタージャ(バレンシア)
4. ワンダ・メトロポリターノ(アトレティコ・マドリード)
5. シウタ・デ・バレンシア(レバンテ)
6. RCDEスタジアム(エスパニョール)
7. サンチェス・ピスフアン(セビージャ)
8. ラ・ロサレダ(マラガ)
9. ブタルケ(レガネス)
10. ベニート・ビジャマリン(ベティス)
11. コリセウム・アルフォンソ・ペレス(ヘタフェ)
12. サン・マメス(アスレティック・ビルバオ)
13. モンティリビ(ジローナ)
14. リアソール(デポルティーボ)
15. グラン・カナリア(ラス・パルマス)
16. アノエタ(レアル・ソシエダ)
17. バライードス(セルタ)
18. メンディソローサ(アラベス)
19. イプルア(エイバル)
20. エスタディオ・デ・ラ・セラミカ(ビジャレアル)

■「Happn」の登録ユーザー同士の交流が多いスタジアム
1. サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリード)
2. カンプ・ノウ(バルセロナ)
3. メスタージャ(バレンシア)
4. シウタ・デ・バレンシア(レバンテ)
5. ワンダ・メトロポリターノ(アトレティコ・マドリード)
6. RCDEスタジアム(エスパニョール)
7. サンチェス・ピスファン(セビージャ)
8. ベニート・ビジャマリン(ベティス)
9. ラ・ロサレダ(マラガ)
10. ブタルケ(レガネス)
11. コリセウム・アルフォンソ・ペレス(ヘタフェ)
12. サン・マメス(アスレティック・ビルバオ)
13. リアソール(デポルティーボ)
14. モンティリビ(ジローナ)
15. グラン・カナリア(ラス・パルマス)
16. バライードス(セルタ)
17. メンディローサ(アラベス)
18. アノエタ(レアル・ソシエダ)
19. イプルア(エイバル)
20. エスタディオ・デ・ラ・セラミカ(ビジャレアル)

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る