2017.09.27

C・ロナウド、退団説を全面否定…契約更新も示唆「レアルで満足」

C・ロナウド
ドルトムント戦で2ゴールを挙げたC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 26日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節が行われ、レアル・マドリードは敵地でドルトムントと対戦。3-1と勝利を収め、2連勝を飾った。

 2ゴールを挙げる活躍を見せたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは試合後、スペインのテレビ局『メガ』のフラッシュインタビューに登場。自身の契約更新や今夏の退団報道についてコメントし、スペイン紙『アス』が内容を伝えた。

 レアル・マドリードは今月に入って、ブラジル代表DFマルセロやフランス人FWカリム・ベンゼマら、主力選手との契約延長を次々と発表。C・ロナウドは昨年11月に2021年までの新契約にサインをしたばかりだが、インタビュアーから「あなたの更新にも期待していいですね?」と尋ねられると「良い質問だね。僕は満足しているし、物事は自然と起きるものなんだ」と笑みを浮かべながら答えた。

 そのうえで、「その質問については、会長の方が良い答え方を知っているだろう。僕は今、最も好きなことができている。現状に満足しているよ」と語り、レアル・マドリードでの充実感を口にした。

 一方、今年6月にポルトガル紙『ア・ボラ』で「C・ロナウドはクラブに対して不満を抱えている」と報道されたことについて質問されると「君は僕の口からそういう発言を聞いていないだろう」と鋭い切り返しを披露。そして「世界中で毎日のように人々が僕のことを語っている。その全てに対してコメントする必要があるなら、僕はメディアのために生きていることになるけど、僕はサッカーのために生きている人間なんだ」と主張した。

 それでも食い下がらないインタビュアーが「でも、そのニュースは(母国)ポルトガルから出たものです」と続けると、C・ロナウドは「“クリスティアーノ”の名前が入った全てのニュースが、世界規模のニュースだと言える。君が偉大な人間なら、世界の人々が君のことについて話をするようになるだろう」とコメント。連日のように自身の名前がメディアの見出しを飾るのは、スター選手の宿命であるとの考えを示した。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る