2017.07.24

レアルは商売上手? 控え4選手の放出だけで約130億円を手にする

レアル
レアルを退団した控え選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードは今夏、控え選手の放出だけで、1億ユーロ(約130億円)を超える移籍金を手にすることに成功したようだ。23日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 レアル・マドリードは23日、ブラジル代表DFダニーロがマンチェスター・Cへ完全移籍することを正式発表。各メディアの報道によると、移籍金は3000万ユーロ(約39億円)になるという。

 同クラブは今夏の移籍市場で、ドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアス、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、スペイン代表FWアルバロ・モラタ、そしてダニーロの4選手を放出。いずれも昨シーズンはレギュラーポジションを確保できなかった選手だが、彼らを放出して得た移籍金総額は1億2800万ユーロ(約166億円)に達するようだ。

 昨夏にトップチームへの昇格を果たしながらも公式戦14試合の出場に留まったマリアーノは、800万ユーロ(約10億円)でリヨンに完全移籍。また、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ公式戦20ゴールをマークしたモラタも、8000万ユーロ(約104億円)でチェルシーに完全移籍を果たした。一方、2年間のレンタル移籍でバイエルンに加入したハメス・ロドリゲスについては、1000万ユーロ(約13億円)の“レンタル料”が発生している。

 なお、レアル・マドリードはこれまで、U-21スペイン代表MFダニ・セバージョスとU-21フランス代表DFテオ・エルナンデスの獲得によって、計4650万ユーロ(約60億円)の移籍金を支払っている。現時点での移籍収支は、8150万ユーロ(約106億円)の大幅黒字。今夏の加入を熱望するモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペには、1億2000万ユーロ(約156億円)の移籍金が必要だと報じられているが、ビッグディールの実現に向けて着実に資金を蓄えつつあるようだ。

■レアル・マドリードが今夏放出した“控え選手たち”
(出場記録は昨季公式戦。移籍金は『アス』調べ)
マリアーノ・ディアス(14試合出場5ゴール) → リヨン:800万ユーロ(約10億円)
ハメス・ロドリゲス(33試合出場11ゴール) → バイエルン:1000万ユーロ(約13億円:レンタル料)
アルバロ・モラタ(43試合出場20ゴール) → チェルシー:8000万ユーロ(約104億円)
ダニーロ(25試合出場1ゴール) → マンチェスター・C:3000万ユーロ(約39億円)

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る