2017.07.11

来日中のピケがAbemaTVに生出演…本当はDFよりもやりたいポジションとは?

ジェラール・ピケ
バルセロナの最終ラインのリーダー役を務めるピケ [写真]=Power Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在来日中のバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、インターネットテレビ番組AbemaTVに生出演し、様々な質問に答えた。

『来日緊急生放送!! FCバルセロナ・ピケに聞きたい10のこと』と銘打たれた番組では、歌手・女優として活躍し、無類のサッカー好きとして知られる小柳ルミ子さん、サッカー番組でMCを務めるお笑いコンビ、ペナルティのヒデさんが出演。特別ゲストとしてピケが招かれ、番組の用意した質問や視聴者からの質問に気さくに答えた。

 バルセロナの試合を全試合観戦し、奇跡の大逆転劇となったチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのパリ・サンジェルマン戦を29回見たなどの逸話を持つ小柳さん。憧れのピケが登場すると、思わず涙を流していた。パリ・サンジェルマン戦について熱く語ると、ピケも「あの試合は歴史に残っているし、僕の記憶にも刻まれている。30回目も見ましょう」と冗談交じりに語った。

 昨シーズンのCLでは、準々決勝でユヴェントスに敗れたバルセロナ。ピケは「どうしても手にしたいタイトルは?」と質問されると「CL」と回答し、新シーズンでのCL制覇を誓った。

 また、「知っている日本人選手」を尋ねられると、バルセロナの本拠地カンプ・ノウで2得点を挙げたエイバルのMF乾貴士と、ドルトムントのMF香川真司を挙げた。『キャプテン翼』については「技をマネするのは難しいけど(笑)、学校でもよく見ていた」と思い出の作品であることを明かした。

 さらに「現時点で将来は監督になるつもりはない。クラブのフロントに入る興味はあるが」、「本当はディフェンダーよりもフォワードをやりたい」と注目のコメントも。

「常に前に出ることが好きだし、ボールを無駄にしたくない。バルサの哲学はやはりパスサッカーなので、その哲学は忠実に守りたい。特にバルサには前線に身長の高い選手もいないので、ロングボールに頼るつもりはない」と伝統のスタイルを継承することを強調していた。

 番組の終盤で、小柳さんは青と赤のバルセロナカラーの江戸切子のペアグラスをプレゼント。「(ピケの妻で歌手の)シャキーラさんとお使いになって」と渡すと、ピケは「アリガトウゴザイマス」と日本語で返す場面もあった。また、小柳さんのCDもプレゼントされると「シャキーラにぜひ聞かせたい」とコメントし、サービス精神旺盛な一面を見せていた。

 最後は親日家のピケらしく、「番組を見ていただいた方、ありがとうございます。また日本に遊びに来るので、その時はよろしくお願いします」と視聴者にメッセージを送った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング