FOLLOW US

大ケガを乗り越えて…ニゲス、ついにスペイン代表公式戦デビュー!

スペイン代表公式戦デビューを飾ったサウール・ニゲス [写真]=Instagram saulniguez

 12日、FIFAワールドカップロシア 欧州予選のマケドニア対スペイン戦で、アトレティコ・マドリードのスペイン代表MFサウール・ニゲスは、代表公式戦デビューを果たした。

 すでにニゲスは8日に行われた親善試合コロンビア戦に45分出場していたが、国際サッカー連盟(FIFA)では親善試合を代表の出場回数とみなしていない。

 ニゲスは現在22歳だが、2年前の「悪夢」がなければ今より早く代表デビューを果たしていただろう。

 2015年、チャンピオンズリーグベスト16のレヴァークーゼン戦、ニゲスにとって 選手生命を脅かしかねない出来事が起こった。前半終了間際、ボールを追ったギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロスとニゲスが交錯。そのままピッチに倒れたニゲスに激しい痛みが襲う。急いで病院へ運ばれ検査を受けた結果、血腫を伴う腎臓損傷という重傷だった。

 そこからニゲスはわずか6週間で復帰を果たす。身体にカテーテルを入れたままプレーしていたという。しかし、勝ち得たレギュラーの座を守るために痛みをこらえてプレーし続けた。

 そして2年後の2017年6月12日、ついにその日がやってきた。ニゲスは晴れてスペイン代表のメンバーとしてマケドニア戦でピッチに立った。

 プレー時間はわずか1分程度だが、それでもニゲスにとっては大きな一歩になっただろう。ニゲスは同代表MFアンドレス・イニエスタと交代でピッチに入った喜びを『ツイッター』上に投稿した。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO