FOLLOW US

シュートはシンプルに…ネイマールのゴールはダイレクトシュートが8割

バルセロナでプレーするネイマール [写真]=Pep Morata MD

 ブラジル代表FWネイマールは、6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節ビジャレアル戦と14日に行われた第37節ラス・パルマス戦、2戦連続で先制点を決めている。そんなネイマールの今季ゴールシーンを見ると、面白いデータが見つかった。
 
 同選手は今シーズン公式戦で19得点を挙げているが、そのうち16得点が味方からのパスをダイレクトシュートで決めた得点だという。ラス・パルマス戦でハットトリックを達成したが、この時は右足、左足、頭とすべてダイレクトシュート。ちなみにこのハットトリックは、アウェイで達成した最初のハットトリックだった。

 多くの人は、ネイマールが華麗なドリブルテクニックで相手を抜き去るシーンを思い浮かべるだろう。しかし、データからネイマールは相手のマークを外す動きも非常に長けており、ペナルティーエリア内でボールを受ける際にはダイレクトでシュートを狙っているようである。

 ラス・パルマス戦では、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチとスペイン代表DFジョルディ・アルバがともにネイマールのゴールをアシストした。これは、彼らにとってネイマールへのアシストデビューにもなった。また、同じ試合でネイマールをアシストしたウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、ネイマールに最もアシストしている選手。一方、リオネル・メッシからのアシストは今シーズンたった1度しかない。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO