FOLLOW US

リーガ公式サイトがレアルの決勝ゴールに大喜び? テキスト速報の差が違い過ぎると話題に

リーガ公式サイトのテキスト速報ではレアルとバレンシアの「ゴール」の表現の差が明らかに違う

 ハビエル・テバスが会長を務めるリーガの公式サイトには、会長の好みがはっきり現れていた。

 リーガの公式サイトが伝えた、サンティアゴ・ベルナベウでのリーガ第35節レアル・マドリード対バレンシアのテキスト速報において、そのゴールの表現が物議を醸している。

 バレンシアのダニ・パレホが決めた同点ゴールの際には「Gol! R・マドリード1―1バレンシア。ダニ・パレホがゴール左から右足で直接フリーキックを決めた」とだけ表現した一方で、R・マドリードに勝利をもたらしたマルセロの2点目のゴールは「¡Gooooool! R・マドリード2―1バレンシア。アルバロ・モラタのアシストで、マルセロが右サイドから中央に切り込み、右足でゴールを決めた」と説明したのだ。

 R・マドリードの2点目には、スペイン語の感嘆符である「¡」がついている上に、Golの「o」の文字が5つも多く書かれている。

 パレホのゴールは、この試合で最もスペクタクルなものだったが、単純な「Gol」という表現に終わってしまった。このバレンシアのゴールへの扱いで感じる怒りは、クラシコで試合を決めたリオネル・メッシの3点目のゴールに対して、ラ・リーガの会長であるハビエル・テバスが「残念なメッシのゴール」と言った時に匹敵するものだ。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO