2017.04.30

テネリフェ、数的優位生かせず完封負け…トップ下で先発の柴崎はフル出場

サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ2部第36節が29日に行われ、UCAMムルシアとテネリフェが対戦した。テネリフェに所属するMF柴崎岳は第32節のレアル・オビエド戦以来、シーズン2度目の先発出場を果たしている。

 20分、ムルシアはCKからフランシスコ・ペレスがヘディングシュート。一度はGKダニ・エルナンデスが弾いたものの、こぼれ球をがティトが押し込み、先手を取る。32分には柴崎が相手DFに囲まれながらも反転からスルーパスを供給。抜け出したスソがCKを獲得し、柴崎がキッカーを務めたものの得点にはつながらず。前半はムルシアの1点リードで折り返す。

 後半に入り75分、ムルシアは右サイドバックのデイビット・モリラスが2枚目の警告を受け退場。テネリフェは数的優位に立つ。83分には柴崎がパスアンドゴーからエリア内に侵入するも、シュートまでは持ち込めず。90分には柴崎がミドルシュートを放つも、GKの正面を突いてしまう。

 試合は1-0で終了。テネリフェは6試合ぶりの敗戦となった。なお、柴崎は先発フル出場を果たしている。

 テネリフェは次節、ホームでルーゴと対戦する。

【スコア】
UCAMムルシア 1-0 テネリフェ

【得点者】
1-0 20分 ティト(UCAMムルシア)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る