2017.04.26

ハメス、レアル残留を優先する意向…妻が明かす「彼はここで幸せ」

ハメス・ロドリゲス
去就に注目が集まっているJ・ロドリゲス [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの妻ダニエラ・オスピナさんが、同選手がクラブ残留を優先して考えていると明かした。25日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 J・ロドリゲスは、23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節バルセロナ戦、伝統の“エル・クラシコ”に途中出場。レアル・マドリードは2-3で敗れたが、同選手は85分に同点ゴールを記録した。しかし、今シーズンは満足のいく出場機会を与えられず、去就は不透明なものとなっている。

 それでもダニエラさんは、「彼はここで幸せを感じている。決断を下すべき時はそうするだろうけれど、そうでないなら、ここで幸せを感じ続けることになると思うわ。何も保証はできないけど、夫はレアル・マドリードでプレーし続けたいと思っているのよ」とコメント。J・ロドリゲスが残留を第一に考えていると強調した。一方で「ハメスはなるべき自分になるために常に努力をしている。もちろん、もっとプレーしてもらいたいとも思っているわ。それは本心よ」と語り、夫にもっと活躍の場を与えて欲しいというアピールも忘れなかった。

 なお、今回の“エル・クラシコ”について感想を求められると、「とても良い試合で、エキサイティングなクラシコだったと思うわ。常にレアルが勝ってほしいのは間違いないけれど、スペクタクルな試合を目にすることができた」と試合内容を絶賛。ただし、「ハメスは主役の座を射止めるところだったけれど、(バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル)メッシのスーパーゴールが全てを持っていったことは間違いないわね」と、宿敵の“10番”に話題をさらわれたことに少し悔しさをにじませていた。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る