2017.04.24

マルセロ、クラシコの決勝点を許した自らのプレーを悔む…「責任は僕に」

マルセロ
自身のプレーを悔やんだマルセロ(右) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節で、レアル・マドリードはバルセロナ相手に2-3で敗戦。ホームでの“エル・クラシコ”で痛恨の黒星を喫した。ブラジル代表DFマルセロは、後半アディショナルタイムにバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに奪われた決勝ゴールについて、自らのプレーを悔んでいる。スペイン紙『アス』がコメントを伝えた。

 メッシの決勝ゴールは、バルセロナのスペイン代表MFセルジ・ロベルトのドリブル突破が起点となって生まれたものだった。この時、マルセロはマークにつこうとしたものの、相手の侵入を止めきることができず、悔まれる失点を喫してしまった。

 試合後、マルセロは「単にカウンターを受けただけだったとは思わない。最終的にディテールが明暗を分けたと言える。セルジ・ロベルトを止められなかった責任は僕にあるだろう。彼をファールで止めていれば、メッシのゴールは生まれなかったはずだ」とコメント。決勝点に至るまでの自らのプレーを悔んだ。ただし、失点の責任については「自分1人のものではないし、どのチームにも起こり得ることだ」と語っている。

 また、メッシへ危険なタックルを見舞ったとして、77分に一発退場となったレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについては、「彼は激怒していたよ。チームを助けたいと思っていたが、結果的に退場させられたんだ。審判の判断については話さないけれど、数的不利は最悪なことだったと言える。とにかく、S・ラモスはチームを助けたいと思っていたんだ」と語り、キャプテンを擁護した。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る