2017.04.15

2冠に向けて一歩ずつ前進するレアル、降格圏内からの脱出に苦しむヒホンの挑戦を受ける/リーガプレビュー

次節に“クラシコ”を控える首位レアル・マドリードはアウェイで18位スポルティング・ヒホンと対戦 [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 レアル・マドリードはこの1週間、リーガ前節はホームでアトレティコ・マドリードとのダービーでドロー(1-1)止まりとなったものの、CL準々決勝1stレグはアウェイでバイエルン・ミュンヘンに先勝(2-1)した。この結果、消化が1試合少ない中で通算22勝6分2敗となったリーガでは、痛恨の黒星を喫した2位バルセロナとの差を3ポイントに広げて首位の座を守った。一方、貴重な白星を収めたCLでは、7シーズン連続のベスト4入りに大きく前進した。

 再びアウェイでの戦いとなる今節は、DFラファエル・ヴァランとDFペペが故障中でDFダニエル・カルバハルが出場停止の最終ラインはぎりぎりのやり繰りとなる。一方、中盤から前線に掛けては、3日後のバイエルンとの2ndレグや次節のバルセロナとの頂上決戦を見据え、完全ローテーションが採用される可能性が高い。MFカゼミーロ、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、FWギャレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマが温存され、MFマテオ・コヴァチッチ、MFイスコ、MFハメス・ロドリゲス、MFマルコ・アセンシオ、FWルカス・バスケス、FWアルバロ・モラタが先発すると予想されている。

 対するスポルティング・ヒホンは前節、アウェイでレアル・ソシエダに貫録負け(1-3)し、1カ月振りとなる連敗を喫した。この結果、通算5勝7分19敗となったチームは、残留圏内の17位と5ポイント差の18位と、降格圏内からの脱出に苦しむ状況が続いている。

 ホームに戻っての今節は、故障から回復したFWドゥイェ・チョプおよびMFモイ・ゴメスの出場が見込まれている一方、累積警告のFWブルギは欠場が確定している。とはいえ、基本的には前節に近い布陣になると予想されている。

 リーガとCLと2冠に向けて一歩ずつ前進しているR・マドリードだが、抜群の勝負強さが目立つ一方で、万全の試合運びは殆ど披露できていない。それゆえ、格下との対戦となる今節は、直後の大一番に繋がるような内容の伴った勝利が欲しい。

 一方、劣勢が必至のS・ヒホンだが、前半戦の対戦では敗れはしたもののアウェイで善戦(1-2)しているだけに、今回の一戦では何とか勝ち点をもぎ取って、残留に向けた足掛かりとしたいところだ。

(記事提供:WOWOW)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る