2017.03.22

仏代表の新星ラビオ、バルサ移籍が浮上…アーセナルも関心の21歳

ラビオ
バルセロナの補強候補と報じられたパリSGのラビオ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオが、今シーズン終了後にバルセロナへ移籍する可能性が浮上しているようだ。スペイン紙『マルカ』が21日に報じている。

 同紙はフランスメディア『Le10sport.com』の報道を引用し、ラビオがバルセロナへ移籍する可能性を伝えた。同クラブは来シーズンに向けた補強候補の一人としてラビオを挙げている模様。2月14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで同選手が見せたプレーを、バルセロナが高く評価したようだ。

 なおラビオについては、2月26日付のイギリス紙『デイリーメール』がアーセナルからの関心を報道。当時の報道では、ラビオはフランスメディア『Europe 1』に対し、「自分(とパリ・サンジェルマン)の契約は2019年まで残っているし、(移籍を)急いでいるわけでもない。正直に言うと、それ(移籍)については考えていない。もし、ビッグクラブからのオファーがあるのなら、考慮することになる。レアル・マドリードのようなクラブは本当に偉大だ。でも、最も重要なことは今であって、目の前のことに集中しているよ。それがベストなんだ」とコメントしている。

 ラビオは1995年生まれの21歳。2010年からパリ・サンジェルマンの下部組織に所属し、2012年にトップチームへ昇格した。2013年にはトゥールーズへのレンタル移籍も経験。今シーズンはリーグ・アン第30終了時点で21試合に出場し、2ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る