2017.03.01

デポルティーボのメル新監督「必要なのはとにかく勝利を重ねること」

メル
デポルティーボの新指揮官に就任したペペ・メル氏(写真はベティス時代のもの) [写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 デポルティーボは2月28日、2日前に解任したガイスカ・ガリターノ前監督の後任としてペペ・メル監督を迎え入れたことを発表した。なお、契約は今シーズン末までとなっているが、チームが1部残留を果たした場合は自動的に1年延長されるとのことだ。

 デポルティーボは、昨年12月18日に行われた第16節で最下位オサスナに2-0で勝利したのを最後に白星から遠ざかっており、直近の24日に行われた第24節では残留を争う直接のライバルのレガネスに0-4で大敗して4連敗。降格圏内の18位スポルティング・ヒホンまでわずか2ポイント差の17位に転落したことで、ガリターノ監督に見切りを付けた。

 一方、これまで数多くのチームを率いてきたメル監督は、2度にわたり指揮を執ったベティスでは2012-13シーズンにヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得するなど、申し分ない経験と実績を持つ。とはいえ、昨年1月以降はどのチームも率いてこなかったこともあり、就任会見ではデポルティーボを指揮できることに喜びを爆発させた。

デポルティーボのようなクラブにノーと言うのは非常に難しい。とりわけ私は、1年間も休んでいて気がおかしくなりそうだったからね。デポルは好選手を揃えた好チームだ。『率いてみたいか』と聞かれれば、いかなる指揮官も100パーセントイエスと言うだろう」

 メル監督はまた、残留に必要な勝者のメンタリティをチームに植え付けていきたいとの意欲を示した。

「私は目標である残留に全力を注ぐ。チームのフィジカルとメンタルの状態を確認し、しかるべき手を打っていきたい。選手たちは皆レベルが高いので、プレースタイルの理解や実践については問題ないと思っている。私としては彼らに野心や自信を与えていきたい。今のデポルに必要なのはとにかく勝利を重ねることだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る