2017.02.28

ピケ、レアルの“疑惑PK”に口撃…S・ラモスは意に介さず「議論するつもりない」

S・ラモス(右)がピケ(左)の主審批判に反論した [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節レアル・マドリード対ビジャレアル戦での主審の判定をめぐって、バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケレアル・マドリード所属の同代表DFセルヒオ・ラモスとの間で舌戦が起きているとスペイン紙『アス』が伝えている。

 この試合でレアル・マドリードは2点を先行される苦しい展開になったものの、その後立て続けに3点を奪って逆転勝利を遂げた。しかし2点目のPKのきっかけとなった場面ではボールが相手選手の胸に当たっているように見えたが、主審はハンドであるとしてレアル・マドリードにPKを与えるという微妙な判定があった。

 これについてピケは、微妙な判定によってバルセロナが勝利を逃したマラガ戦とビジャレアル戦の記事と、逆に誤審にも見える判定で同じ対戦相手からレアル・マドリードが勝ちを収めた試合の計4枚の記事を自身のツイッターアカウントに掲載。「同じ対戦相手なのに(主審の判定で)8ポイントも差がついた。これらの記事は、疑いを避けようとするマドリードのマスコミによるものだ」とのコメントも付けて主審の判定に疑問を呈した。

 ピケのツイートについてコメントを求められたS・ラモスは、「もしもメッシがそれを書いたのなら驚いたと思うけど、僕らはもうピケの性格は知っているから」と意に介していないことを強調。さらに、「主審は難しい仕事だよ。時々僕らに有利になるものを与えるし、逆に奪い取っていく時もある。でも僕らはこのことについて議論するつもりはないよ。僕らには何も変えられないんだからね」と語り、主審の判定を問題視したピケの意見に反論した。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る