FOLLOW US

決勝点演出のスアレス、アトレティコ撃破は「自信を与えてくれる」

先制ゴールを喜ぶスアレス(右) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第24節が26日に行われ、バルセロナアトレティコ・マドリードと対戦し、2-1で勝利した。試合後、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが同クラブ公式サイトを通じてコメントしている。

 29分にヘディングでネットを揺らしながらも、直前のプレーで反則があったとされ、得点が認められなかったスアレス。それでも、64分に自らのシュートのこぼれ球からブラジル代表MFラフィーニャが得点を決めると、84分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの勝ち越しゴールを演出。結果的に2得点に絡む活躍を見せた。

 同サイトによるとスアレスは、「まだリーグ戦は多く残っているが、この勝利は僕たちに自信を与えてくれる。重要なことは勝ち点3をゲットしたことだ」とコメント。敵地での白星に歓喜した。

 さらに、「タイトルのために戦うという野望を持っている。僕らはリーグを混乱させる良い機会であることを知っていたよ」と話し、リーグ3連覇に向けて意欲を見せた。

 なお、バルセロナは今節終了時点で2位。1試合未消化ながら首位に立つレアル・マドリードとは勝ち点1ポイント差となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA