2017.02.19

イスコが退団検討「シーズンの終わりに決定する」…重要な役割を求める

イスコ
エスパニョール戦でプレーするイスコ(上) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第23節が18日に行われ、レアル・マドリードはエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。試合後、2アシストを記録したスペイン代表MFイスコが去就について口を開いた。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 エスパニョール戦でリーグ2試合連続となるスタメン出場を果たしたイスコ。すると33分、右サイドからクロスを供給し、スペイン代表FWアルバロ・モラタの先制ゴールをアシストした。さらに83分には、この日戦列復帰を果たしたウェールズ代表FWギャレス・ベイルへスルーパスを出す。これを受けたベイルは見事にゴール右下へシュートを沈め、イスコは復活弾を演出したこととなった。

 前節のオサスナ戦でのゴールに続き、これで2試合続けて結果を残したこととなったイスコ。しかしチャンピオンズリーグではここまでわずか1試合の出場にとどまるなど、レギュラー奪取には至っていない。イスコ自身もそのことを強く感じているようで、「ここではとても幸せだが、選手としての役割は小さい」とコメントした模様。さらに同紙によると、「シーズンの終わりに決定を下す。僕の将来は危うくなっている」と現在移籍を検討していることを明かした。

 イスコは現在24歳。2013年夏にマラガからレアル・マドリードへ加わり、今シーズンで在籍4年目を迎えている。レアル・マドリード通算173試合に出場してきた同選手には、これまでも複数回にわたって移籍の噂が浮上していた。今後の展開に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る