2017.02.18

バルサ、メッシやイニエスタらとの契約延長へ奔走…守護神は先送りに

バルセロナが新契約締結へ動くイニエスタ(左)とメッシ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナがクラブに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンとの契約延長交渉を先延ばしにしたと、17日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 同紙によると、バルセロナは今シーズンの公式戦27試合に出場しているテア・シュテーゲンとの契約延長交渉を、今夏まで行わない模様。しかし、クラブ側と同選手の代理人はすでに接触しており、新契約締結に前向きな考えを示しているようだ。

バルセロナのゴールマウスを守るGKテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images

 テア・シュテーゲンとの交渉を先送りした一方で、バルセロナはエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとの契約延長に動く様子。クラブは両選手との契約が2018年6月で失効するため、期間延長を最優先事項と捉えているようだ。

 また、2019年6月まで契約を結んでいるクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチとも、交渉を行う見込み。同選手は今シーズン32試合に出場しており、クラブは重要な戦力と位置付けているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る