2017.02.14

乾、2戦ぶり先発も無得点…エイバルは降格圏グラナダを圧倒して3連勝

サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第22節が13日に行われ、MF乾貴士が所属するエイバルとグラナダが対戦した。

 前節、バレンシアから4ゴールを奪って連勝を飾ったエイバル。今節は降格圏に沈むグラナダをホームに迎えた。バレンシア戦でリーグ戦13試合ぶりに出場機会が与えられなかった乾は、左サイドハーフで先発出場を果たしている。

 試合開始から6分、エイバルの乾がハーフライン付近でボールを受けると、GKギジェルモ・オチョアが前に飛び出しているのを見てすかさずロングシュート。ボールはGKオチョアの頭上を越えるが、ポスト右へ外れた。

 10分、クロスボールに反応したエイバルのセルジ・エンリクをスヴェリール・インガソンがつかんだとして、エイバルにPKが与えられる。これをアドリアン・ゴンサレスが落ち着いて決め、先制ゴールとなった。

 さらにエイバルは39分、ディフェンスラインの裏へ抜け出したエンリクが浮き球の縦パスを受けると、飛び出してきたGKオチョアをかわす。最後はカバーに入ったDFの動きを見て、ゴール右下へシュートを打ち、追加点を奪った。エイバルの2点リードで前半を終える。

 後半に入って52分、エイバルはCKを獲得すると、ニアサイドへ走りこんだイバン・ラミスが右足インサイドでミート。これがゴール左隅へ吸い込まれ、3点差とした。

 勢いに乗るエイバルは59分、乾が左サイドでボールを受けてドリブル突破。最後は右足のシュートまで持ち込む。しかしこれはGKオチョアにキャッチされた。

 それでも62分、エイバルはエリア右へフリーで走りこんだペドロ・レオンのもとへクロスボールが流れると、レオンが左足を振りぬき、ゴール右下を揺らした。エイバルのリードが4点に広がる。

 大量リードを奪ったエイバルは、守備陣も最後まで奮闘。集中力を切らさず、グラナダの攻撃を無失点に抑え、4-0でタイムアップを迎えた。エイバルはこれでリーグ3連勝を記録。なお、乾はフル出場を果たしているが、無得点に終わった。

 次節、エイバルは18日に敵地でセビージャと、グラナダは17日にホームでベティスと対戦する。

【スコア】
エイバル 4-0 グラナダ

【得点者】
1-0 11分 アドリアン・ゴンサレス(PK)(エイバル)
2-0 39分 セルジ・エンリク(エイバル)
3-0 52分 イバン・ラミス(エイバル)
4-0 62分 ペドロ・レオン(エイバル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る