2017.02.06

昨シーズンの再現へ…アトレティコ、バルサ撃破のカギは“トーレスの爆発”

トーレス
アトレティコ・マドリードでプレーするトーレス [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 7日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグを前にして、アトレティコ・マドリードのスペイン人FWフェルナンド・トーレスへの注目度が再び高まっている。5日付のスペイン紙『アス』が伝えた。

 1日に行われた準決勝ファーストレグは、ホームで1-2の敗戦を喫したアトレティコ・マドリード。逆転で決勝に進出するためには、敵地カンプ・ノウで少なくとも2ゴール以上を奪うことが求められている。

 そんな状況下で、トーレスは“希望の光”となっているようだ。同選手は、4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節のレガネス戦で、リーグ戦では昨年9月17日の第4節スポルティング・ヒホン戦以来となるゴールをマーク。さらにもう1ゴールを決めて、2-0での完封勝利に大きく貢献した。

 試合後、『アス』はトーレスについて「昨シーズンの再現へ」という記事を掲載。実は昨シーズン、トーレスは1月末時点でリーグ戦2ゴールに留まっていたものの、2月以降の残りの4カ月間で9ゴールを奪う活躍を見せた。また、4月にチャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナと対戦した際には、カンプ・ノウでのファーストレグで値千金のアウェイゴールをマーク。2戦合計3-2での準決勝進出の立役者となっていた。それ故、レガネス戦での2ゴールは、昨季の活躍の再現を予感させるものとなっているようだ。

 “エル・ニーニョ”の愛称で親しまれるストライカーは、カンプ・ノウで再び主役の座を射止めることができるのか。背番号「9」のプレーから目が離せない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る