2017.02.04

ベンゼマ、1試合平均シュート数がレアル加入後最少に 決定率は4割超え

ベンゼマ
シュートが自身過去最少と伝えられたベンゼマ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するフランス人FWカリム・ベンゼマが、リーガ・エスパニョーラにおいて自身過去最少のシュート本数を記録している。3日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙によると、今シーズンのリーグ戦15試合に出場しているベンゼマの1試合あたり平均シュート数は、0.8本を記録している模様。これは、同選手がレアル・マドリードに加入した2009年夏以降で最低の記録だという。

 加入初年度の2009-10シーズンは1試合あたり0.96本のシュート数となったベンゼマ。しかし同シーズン以降は常に1本を超える数字を継続していたようで、昨シーズンの記録は1.89本であったようだ。

 なお、負傷の影響でリーグ11試合の出場にとどまっているウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、ベンゼマよりも5本多い合計17本のシュートを放っているという。

 シュート数の少なさを指摘されたベンゼマ。それでも、同選手が奪った得点は「5」と決定率に関しては40パーセントを超えている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る