FOLLOW US

乾が日本人リーガ最多出場記録を更新 大久保超えの40試合に到達

リーガ・エスパニョーラ通算40試合出場を達成したMF乾貴士 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第19節が22日に行われ、MF乾貴士の所属するエイバルはホームでバルセロナと対戦した。同試合に先発出場した乾が、FC東京FW大久保嘉人の保有していた日本人選手のリーガ・エスパニョーラ最多出場記録を更新した。

 リーグ戦11試合連続スタメンとなった乾は、左サイドMFとして78分までプレーした。この試合でリーガ・エスパニョーラでの通算出場記録を40試合に伸ばし、大久保が樹立した日本人選手最多出場記録を更新している。なお、試合は4-0でバルセロナが勝利を収めた。

 乾は2015年夏にフランクフルトからエイバルに移籍。同年9月23日のレバンテ戦で先発出場し、リーガ・エスパニョーラ初出場を果たした。これまでの通算記録は40試合3ゴールを記録。イエローカードは通算4枚受けている。

 これまで記録を保持していた大久保は、2004-05シーズン冬の移籍市場にセレッソ大阪からマジョルカに加入。2005年1月9日のデポルティーボ戦でデビューを果たし、初ゴールをマークした。1年半の間リーガ・エスパニョーラでプレーし、通算39試合5ゴールを記録している。

 リーガ史上初の日本人選手は、17年前の2000年1月にデビューした元日本代表FW城彰二氏だった。それ以降、西澤明訓氏、大久保、中村俊輔(現・ジュビロ磐田)、家長昭博(現・川崎フロンターレ)、指宿洋史(現・アルビレックス新潟)、ハーフナー・マイク(現・ADOデン・ハーグ/オランダ)がプレー。2015-16シーズンにデビューした乾に続き、今シーズンからは清武弘嗣がリーガデビューをしている。

■リーガ・エスパニョーラ日本人出場試合数ランキング

1位:乾貴士
所属クラブ:エイバル
在籍シーズン:2015-16〜
成績:40試合出場/3ゴール

2位:大久保嘉人
所属クラブ:マジョルカ
在籍シーズン:2004-05、2005-06
成績:39試合出場/5ゴール

3位:家長昭博
所属クラブ:マジョルカ
在籍シーズン:2010-11、2011-12
成績:18試合出場/2ゴール

4位:城彰二氏
所属クラブ:バジャドリード
在籍シーズン:1999-00
成績:15試合出場/2ゴール

5位:中村俊輔
所属クラブ:エスパニョール
在籍シーズン:2009-10
成績:13試合出場

6位:西澤明訓氏
所属クラブ:エスパニョール
在籍シーズン:2000-01
成績:6試合出場

7位:ハーフナー・マイク
所属クラブ:コルドバ
在籍シーズン:2014-15
成績:5試合出場

8位:清武弘嗣
所属クラブ:セビージャ
在籍シーズン:2016-17〜
成績:4試合出場/1ゴール

9位:指宿洋史
所属クラブ:セビージャ
在籍シーズン:2011-12
成績:1試合出場

(※データはリーガ・エスパニョーラ公式サイト、ドイツの移籍情報メディア『Transfermarket.de』より)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA