2016.12.26

レアルと交渉が難航、DFペペの新天地は中国? 年俸は倍額を準備か

ペペ
レアル・マドリード10年目を迎えているDFペペ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表DFペペが、中国クラブに移籍する可能性があるようだ。26日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在33歳のペペは、2007年夏に5年契約を締結してポルトからレアル・マドリードへ加入。これまでに同クラブで公式戦300試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ制覇とリーガ・エスパニョーラ制覇を2度ずつ経験するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。

 今シーズン限りでレアル・マドリードとの契約満了を迎えるペペ。年内に交渉がまとまらなければ、2017年1月1日から他のクラブとの交渉が自由となる。同紙によると、中国クラブからいくつかのオファーが届いており、年俸は今の倍額を準備しているクラブもあるようだ。

 今月23日には、アジア市場最高額となる推定6000万ポンド(約86億円5000万円)の移籍金で上海上港がチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得するなど、昨今の移籍市場を賑わせる中国クラブ。今冬、さらなる“爆買い”が起きることになるのだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る