2016.12.13

C・ロナ、4度目のバロンドールに歓喜…同僚には感謝「いつもチームが第一」

C・ロナウド
レアル・マドリードとポルトガル代表の両チームメイトに感謝した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2016年度のバロンドールを受賞。これを受けて、C・ロナウドがコメントを発表し、12日付のスペイン紙『マルカ』など複数のメディアが報じている。

 1956年に創設されたバロンドールは、2010年からFIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めていたが、2015年度をもって契約満了となり、今年度から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。前年度に最多5度目の受賞をしたバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら候補者30名の中から、C・ロナウドが2年ぶり4度目の受賞を果たした。

 C・ロナウドは「僕にとって、バロンドールを受賞することは素晴らしい栄誉だ」とコメント。「初めてもらった時のような気持ちだし、再び夢が叶ったんだ。4度も勝ち取ることができるなんて思ってもなかった。幸せだよ」と、喜びを示した。

 また、「全てのチームメイトに感謝したい。ナショナルチームもレアル・マドリードもね。レアル・マドリードかポルトガル代表が優勝していなかったら、僕が受賞していなかった。いつもチームが第一だよ」と続け、クラブと代表の両チームへの感謝の思いを伝えた。

 C・ロナウドは2015-16シーズン、クラブと代表の両方で活躍。チャンピオンズリーグでは12試合出場16ゴールを記録し、レアル・マドリードの11度目の欧州制覇に貢献した。さらに今夏に行われたユーロ2016では全7試合に出場し、3ゴールをマーク。開催国フランスとの決勝はケガにより負傷交代となったが、キャプテンとして最後までチームメイトを鼓舞し続け、ポルトガル代表を初のヨーロッパ王者へと導いた。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る