2016.11.30

“クラシコ”勝利へ、バルセロナDFピケ「絶対に失敗は許されない」

ピケ
“クラシコ”勝利へ、ピケが意気込みを語った [写真]=NurPhoto via Getty Images
傑出した個のチカラと、最先端の戦術を生み出すリーガ・エスパニョーラ。16-17シーズンも3強を中心に毎節最大5試合を放送!

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケは29日、いよいよ4日後に迫ったレアル・マドリードとの伝統の一戦“クラシコ”に向けた意気込みを示した。

 27日に行われたレアル・ソシエダ戦では鬼門の敵地アノエタで1-1のドローに終わり、首位レアル・マドリードに6ポイント差を付けられたバルセロナ。試合直後には「こんなプレーをしていてはリーグ戦を制することはできない」とネガティブな発言をしていたピケだが、今はポジティブに物事を考えられるようになったという。

「レアル・ソシエダ戦では何もかもうまくいかなかった。しかし、散々な試合だったが1ポイントが取れたのは、今となって考えればどう見ても悪い結果ではない。もし土曜日の試合に勝利すれば流れは完全に変わるだろう」

 ピケはまた、バルセロナの方がレアル・マドリードよりもプレッシャーが掛かっていることを認めながらも、本拠地カンプ・ノウでの宿敵の独走を阻止することを誓った。

「今回の“クラシコ”は、彼らよりも僕たちにとって多くのものが懸かった重要な一戦となる。彼らは負けられる余裕があるが、僕らは絶対に失敗は許されない。敗れれば全てが難しくなってしまうだろう。だが、このチームなら必ずうまくいくはずだから、自分たちの力を信用することが大事だ」

 レアル・ソシエダ戦では試合中に足首を痛めながら最後までプレーを続けたため、状態が不安視されているピケだが、レアル・マドリード戦には出場できることを断言した。

「レアル・ソシエダ戦では確かにダメージを受けたが、慌てるほどの事ではない。僕はポジティブ思考の人間なので、土曜日には間に合うと確信している。“クラシコ”では間違いなくピッチに立っているよ」

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
71pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
75pt
レアル・マドリード
75pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る