FOLLOW US

2戦連続ドローのバルサ、危機感を抱くピケ「このままでは、リーグ優勝は…」

ソシエダ戦後、危機感を抱いていることを明かしたピケ(右) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第13節が27日に行われ、レアル・ソシエダバルセロナが対戦。2位のバルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールで同点に追い付いたが、1-1の引き分けに終わった。

 2試合連続のドローで、首位レアル・マドリードとの勝ち点差が「6」に開いたバルセロナ。痛恨の引き分けを振り返ったスペイン代表DFジェラール・ピケは「このままでは、リーグ優勝は難しい」と危機感を示している。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 直近6試合で1分け5敗と苦手としていた“鬼門”アノエタで、またも勝利を収めることはできなかった。

 ピケは「引き分けで良かった、ということにしよう。こういうことを自分が言うのは普通じゃないけどね。前半、チームは存在していないようなものだった。後半はずっと改善したね」と、前半の出来を悔やみつつ、勝ち点1でも納得せざるを得ないとの考えを明かした。

レアル・ソシエダは素晴らしい試合をした。高い位置からプレスをかけてきて、自分たちのプレーをさせてもらえなかった」

 レアル・ソシエダを称えたピケ。バルセロナは次節、12月3日にレアル・マドリードとの“クラシコ”に臨む。6ポイント差で迎える大一番、ホームで是が非でも勝利が必要な状況となった。

 ピケは「クラシコには完璧な状態でいられることを願っている。このままでは、リーグで優勝するのは難しい」と、危機感をあらわにした。

 バルセロナは30日にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグでエルクレスと戦った後、レアル・マドリード戦に臨む。1週間後の決戦に向けて、ミッドウイークの試合をこなしながら準備を進めることとなる。

クラシコ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO