FOLLOW US

マドリード・ダービーでC・ロナらに差別的チャント…リーグが連盟に報告

アトレティコ・マドリード戦でハットトリックを達成したC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対し、相手サポーターが差別的チャントを歌っていたようだ。24日付けのスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によれば、19日に開催されたリーガ・エスパニョーラ第12節のマドリード・ダービーで、アトレティコ・マドリードのサポーターからC・ロナウドを中心としたレアル・マドリードの選手に対して差別的なチャントが送られたという。C・ロナウドへ歌われたのは「あのポルトガル人、なんていうクソ野郎なんだ」といった内容だと『アス』は報じている。

 リーグはこの件に関し、RFEF(スペインサッカー連盟)に報告しており、今後同連盟により調査が行われる模様だ。

 なお試合は、レアル・マドリードがC・ロナウドのハットトリックにより3-0で勝利を収めている。

リーガ・エスパニョーラ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA