2016.10.30

エイバル、終盤2得点で無敗ビジャレアルに逆転勝利 乾は先発し存在感示す

乾貴士
ビジャレアル戦に先発出場した乾 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第10節が30日に行われ、MF乾貴士が所属するエイバルとビジャレアルが対戦した。

 リーグ戦ここ3試合勝利から見放されているエイバルは今節、4位につけるビジャレアルをホームに迎える。乾が前節に続き今シーズン4試合目の先発出場となったほか、GKアシエル・リエスゴ、MFペドロ・レオン、MFダニ・ガルシアらが起用されている。未だに無敗をキープしているビジャレアルは、ここまでの合計失点数が5と、鉄壁の守備を誇っている。GKセルヒオ・アセンホ、MFブルーノ・ソリアーノ、FWニコラ・サンソーネらがスタメン入りを果たした。

 エイバルは8分、P・レオンが敵陣中央からのフリーキックから右足で直接枠を狙った。軌道が変化しワンバウンドしたボールをGKアセンホがセーブし、先制ゴールにはならない。ビジャレアルも27分に右CKからマテオ・ムサッキオがゴール前でボールを受ける。GKリエスゴが飛び出しておりゴールはがら空きの状態になっていたが、シュートする寸前でDFイバン・ラミスがクリアして難を逃れた。

 37分、エイバルは右サイドで乾がサンソーネの股を抜いて中へ切り込み、右足のミドルシュートを放った。ゴール中央上段を捕らえていたが、GKアセンホにキャッチされて今シーズン初ゴールとはいかない。

 すると40分、ビジャレアルのサンソーネがエリア内でフロリアン・ルジューヌのスライディングを受けてPKを獲得。これをソリアーノがキーパーの逆を突いてゴール右に突き刺した。エイバルが先取点を奪われたのは、今シーズン2度目となる。

 エイバルは45分、ルジューヌがエリア外から無回転の強烈なロングシュートを放ったが、GKアセンホが弾き出して同点ゴールにはならない。前半は0-1とビジャレアルがリードして終了した。

 後半開始早々の48分、ビジャレアルのGKアセンホがゴールライン際でスライディングしてクリアしたボールを左サイドで乾が受ける。アセンホが飛び出しているゴール前にシュート性のボールが送られ、これにセルジ・エンリクが反応したが、頭で合わせることができずゴールキックとなった。58分には、カウンターのチャンスで右サイドの乾がエリア手前中央のP・レオンにボールを送ると、低い弾道のミドルシュートでゴールを狙ったが、Gkアセンホがここもセーブしている。

 65分、猛攻を仕掛けるエイバルはエリア内からS・エンリクがシュートを放つが、GKアセンホが弾き返す。こぼれ球をキケ・ガルシアがシュートしたが、これもアセンホが防いだ。その後のコーナーキックの流れからペドロ・レオンもシュートチャンスを迎えたが、またもやGKアセンホが立ちはだかる。

 ビジャレアルゴールをこじ開けられないエイバルだったが80分、ついに同点に追いつく。右サイドからのフリーキックがエリア内でこぼれると、ルジューヌがヘディングで落としたところをラミスが胸トラップし、ゴール左隅のネットを揺らした。ここまで全試合でゴールを奪っているエイバルは、これで10試合連続得点となっている。

 勢いに乗ったエイバルは87分、カウンターのチャンスから左サイドでS・エンリクがドリブルでエリア内に進むと、ディフェンスを引きつけて逆サイドに走り込んできたP・レオンにパス。相手の動きを見てP・レオンが冷静にネットへ突き刺し、エイバルが土壇場で逆転に成功する。直後の90分に乾は交代となり、スタンドからは大きな拍手が送られた。

 そのまま試合は終了し、エイバルが2-1で勝利した。ビジャレアルは、シーズン初黒星を喫している。

 エイバルは次戦、11月5日に第11節でラス・パルマスと対戦。一方のビジャレアルは、11月3日にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でオスマンルスポルとの一戦を控えている。

【スコア】
エイバル 2-1 ビジャレアル

【得点者】
0-1 41分 ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)
1-1 80分 イバン・ラミス(エイバル)
2-1 87分 ペドロ・レオン(エイバル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る