2016.10.30

C・ロナ、アラベス戦で新たな偉業 リーガ全31クラブから得点を記録

クリスティアーノ・ロナウド
アラベス戦でハットトリックを達成したC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新たな偉業を達成した。29日付のスペイン紙『アス』など複数のメディアが伝えている。

 レアル・マドリードは29日、リーガ・エスパニョーラ第10節でアラベスと敵地で対戦。C・ロナウドがハットトリックを達成するなど、4-1で逆転勝利を収めて首位をキープした。

 同紙によると、C・ロナウドはこれでリーガ・エスパニョーラで対戦した全31クラブを相手からゴールを奪ったことになったという。2009年8月のデポルティーボ戦でリーグ戦初ゴールを決めて以来、7年での快挙となった。

 また、C・ロナウド以外の選手で同記録を達成しているのは、レアル・マドリードなどで活躍した元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏と元スペイン代表FWルイス・アラゴネス氏。最も多くのクラブから得点を奪っているのは、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏で34チームとなっている。

 ラウール氏と並ぶ記録を持っている現役選手は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。現在リーガ・エスパニョーラに在籍しているチームではラス・パルマスからのみゴールを決めることができておらず、今シーズンは同クラブと残り2試合の対戦があるため、記録達成の可能性が残されている。

 なお、C・ロナウドはこれでリーガ・エスパニョーラ243試合出場265ゴール。スペイン紙『マルカ』によると、アラベス戦が行われたエスタディオ・デ・メンディソローサは、同選手が得点を挙げた49スタジアム目となったようだ。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る