2016.10.12

セビージャのナスリが早期復帰へ、清武の次節スタメンの可能性が遠のく

サンパオリ監督が攻撃の要として絶大な信頼を置いているナスリ[写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 セビージャの元フランス代表MFサミル・ナスリが、欠場も予想されていた今週末の一戦に出場できる見込みになった模様だ。

 今月1日に行われた第7節のアラベス戦で左足のハムストリングを痛め、58分で途中交代をしたナスリは、精密検査により筋肉系の負傷はないことが確認されたものの、少なくとも2週間は休養が必要と見られていた。しかし、予想を上回る回復を見せ、10日に行われた練習で復帰を果たすと、早速チームメイトと同じメニューをこなした。これによりナスリは、15日に行われるレガネス戦への出場に支障が無くなったと見られている。

 セビージャはまた、やはりアラベス戦で右臀部を痛めて61分で途中交代したアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエットも、10日の練習でチームへの再合流を果たした。ビエットもナスリと同様に通常通りのメニューをこなしており、レガネス戦には問題なく出場できると見込まれている。

 セビージャにとって両選手の復帰は大きく、とりわけホルヘ・サンパオリ監督が攻撃の要として絶大な信頼を置いているナスリの出場に目処が立ったのは何よりの朗報だ。一方、ナスリの重用の煽りを受けている日本代表MF清武弘嗣にとっては、レガネス戦での公式戦5試合振りのスタメンのチャンスが減ったと言えるだろう。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る