2016.10.02

中盤に負傷者相次ぐレアル、イスコが今季初スタメンへ ジダン監督が明言

イスコ
今季はリーグ戦での先発出場がないMFイスコ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードを指揮するジネディーヌ・ジダン監督が、スペイン代表MFイスコの先発起用を明言した。10月1日付のスペイン紙『マルカ』など複数のメディアが伝えている。

 10月2日に行われるリーガ・エスパニョーラ第7節、FW乾貴士が所属するエイバルと対戦するレアル・マドリード。前日会見に臨んだジダン監督は、同試合に向けての選手起用について語った。

 ここまでリーグ戦でのスタメン入りがなく、3試合出場で合計わずか55分のプレーにとどまっているイスコについて、ジダン監督は「私はイスコが好きだし、今まであまりプレー機会がなかったが、先発出場することになるだろう。彼はチームにとって重要な選手なんだ」とコメント。今シーズン初めて先発起用することを明言した。

 レアル・マドリードは現在、中盤の選手に負傷者が続出。9月18日のエスパニョール戦でブラジル代表MFカゼミーロが左足首を痛め、その後は公式戦3試合連続ドローに終わっている。さらに、10月1日にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチの負傷も明らかとなり、エイバル戦には両選手とも欠場することが決まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る