2016.09.06

レアルDFペペが来夏退団の可能性? 主力では最短、契約期限まで10カ月に

2017年6月30日までレアル・マドリードと契約を結んでいるDFペペ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表DFペペが、来夏に退団する可能性が出てきた。5日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 所属する大半の選手と長期契約を結んでいるレアル・マドリード。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルとは新契約締結に向けて交渉を進めている他、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ドイツ代表MFトニ・クロース、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、フランス代表DFラファエル・ヴァラン、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスなどとは2020年まで契約を結んでいる。

 また、ブラジル代表MFカゼミーロ、同DFダニーロ、クロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチとは2021年まで、さらにスペイン代表MFマルコ・アセンシオや同FWアルバロ・モラタは2022年までの契約期間となっている。

 しかしながら、ペペの契約延長交渉は進んでおらず、主力選手の中では契約期限が最も近い2017年6月30日までとなっている。同紙は、2016年中に契約延長を締結できなければ、2017年1月1日から他のクラブとの交渉が自由となり、来夏にも退団する恐れがあると伝えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る