2016.08.23

ペナルティのヒデさんが清武にエール「さらにゴールを量産してほしい」

『リーガ・ダイジェスト!』の記者会見にお笑いコンビ、ペナルティのヒデさんと杉山セリナさんが登場した
サッカー総合情報サイト

 23日、WOWOWは都内でリーガ・エスパニョーラの1週間を振り返る番組『リーガ・ダイジェスト!』の記者会見を実施。番組MCを務めるお笑いコンビペナルティのヒデさんと、“リーガール”に抜擢された杉山セリナさんが登場し、20日(日本時間)に開幕したリーガ新シーズンの見どころを語った。

 今シーズン大きな注目を集めるのが日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャ。昨シーズンは史上初のヨーロッパリーグ3連覇を達成して新シーズン開幕前、攻撃力の底上げ役として白羽の矢が立ったのが清武だった。セビージャは開幕戦でエスパニョールとホームで対戦。清武は開幕スタメンの座をつかむと、コーナーキックから初アシストを記録。試合後半には、初ゴールをマークし鮮烈なデビューを飾った。

 ヒデさんは「(開幕戦は)清武選手の活躍に尽きると思います。1ゴール1アシスト、そして大きなミス1回(笑)。良くも悪くも印象に残ったと思います。本人はあまり悲観せず良いところをイメージを浮かべて『やれるんだ!』『このリーグでも通用するんだ!』という方向に持っていって、さらにゴールを量産してほしい」と清武のさらなる活躍に期待を込めた。

 杉山さんはメキシコ人の父親を持ち、日本語の他に英語とスペイン語を扱うトリリンガル。最近は情報番組のキャスターを務めるなど活躍中だ。今回は、先月幕を閉じたEURO2016開催時の“EUROガール”に続く大抜擢となった。

「ユーロに引き続き、ヨーロッパサッカーに関わる仕事ができてうれしいです。今回はスペインということで、得意の言語を使って、直接情報を収集して面白く伝えられたらと思います」
 
 また、自身が応援するチームについては、「ユーロでグリエスマンがすごく好きになったので、アトレティコ・マドリードを応援したいと思います」とコメントした。

 バルセロとレアル・マドリードの“2強”に加え、アトレティコ・マドリード、セビージャなど、今季のリーガは役者が揃う。そんな中、ヒデさんはダークホース候補として、「ずっと応援している」ヒホンを挙げた。「海を渡ったイングランドではレスターがああいう結果を残しましたから。ああいうことが起こるのがサッカーであり、リーガだと思っています」。その期待に応えるように、ヒホンは開幕戦でアスレティック・ビルバオに勝利。史上最大のアップセットへ好スタートを切った。

 杉山さんは会見の最後に「『色々な人にもっと見てもらいたい!』という気持ちで一生懸命やっていきたいと思います。自分も楽しみながら、(リーガの)楽しさを伝えていけたらなと思います」と、番組への意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る