FOLLOW US

バルサ、リヨンと22歳の仏代表DF獲得で合意…移籍金は30億円超

リヨンからバルセロナへの移籍が報じられたフランス代表DFウムティティ [写真]=Getty Images

 バルセロナリヨンに所属するフランス代表DFサミュエル・ウムティティの獲得で合意に至ったことがわかった。29日付のフランス紙『レキップ』が報じている。

 同紙によると、バルセロナリヨンとサムティティの獲得に関して移籍金3000万ユーロ(約34億3000万円)で合意した模様。当初の価格よりも1000万ユーロ(約11億4000万円)を上乗せし、5年契約を結ぶと見られている。

 現在22歳のウムティティはリヨンの下部組織出身。利き足は左足で、左サイドバックとセンターバックをこなすことができる。2015-16シーズンはリーグ戦30試合に出場し、1得点を挙げている。

 また、同選手は現在フランスで行われているユーロ2016にもフランス代表のメンバーとして参加。今のところ出場機会はないが、セビージャに所属するDFアディル・ラミが累積警告で出場停止となるため、準々決勝のアイスランド戦に出場すると見込まれている。

SHARE



LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO