FOLLOW US

古巣セビージャとの国王杯決勝…バルサのラキティッチ「最高の試合を」

セビージャとの国王杯決勝を前に抱負を語ったラキティッチ [写真]=Getty Images 

 22日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝で、バルセロナセビージャが対戦する。2013-14シーズン終了まで所属していた古巣との対戦を前に、バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ2連覇を果たし、二冠達成を目指してコパ・デル・レイ決勝に臨むバルセロナ。対戦相手のセビージャは18日にヨーロッパリーグ決勝でリヴァプールを破って大会3連覇を果たしている。

 ラキティッチは冗談交じりに「(セビージャにとっては)これ(ヨーロッパリーグ優勝)で十分だろう。次は僕たちが勝つ番だよ」と話し、古巣との対戦を「常に特別なもの。だけど、今回はなおさらだね。大会の決勝だから」と称した。

 そしてラキティッチは、セビージャがヨーロッパリーグを制したことで勢いに乗っている可能性に言及。「(優勝の)影響があるかどうか見てみることになるね。もしかしたら、より勢いに乗った状態で(試合に)来るかもしれない。僕たちは自分たちのことだけを考えるよ。勝利を収めるためには、できる限り最高の試合をする必要があるだろう」と、抱負を語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO