2016.05.03

アトレティコをけん引するグリエスマン…今季30発、際立つ勝負強さ

グリエスマン
今季の公式戦で30ゴールを記録しているグリエスマン [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンは今シーズン、公式戦30ゴールを記録している。チームをけん引する同選手の得点記録について、スペイン紙『アス』が報じている。

 4月30日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節のラージョ・バジェカーノ戦で、グリエスマンは途中出場直後に決勝ゴールを記録。同選手にとって、今シーズンの公式戦通算30得点目となった。バルセロナ、レアル・マドリードと優勝争いを続けるアトレティコ・マドリードに勝利をもたらす、貴重な一撃だった。

『アス』によれば、グリエスマンは今シーズンの公式戦50試合に出場し、30ゴールを記録。昨シーズンは25ゴール、レアル・ソシエダに所属していた2013-14シーズンは20ゴールを決めており、シーズンを追うごとに5ゴールずつ記録を伸ばしている。

 報道によると、グリエスマンがゴールを決めた試合では高い勝率を誇っている。同選手は今シーズンのリーガ・エスパニョーラで21ゴールを決めているが、全体の3分の1を占める7ゴールが決勝点だった。一方、グリエスマンがゴールを決めた試合で敗れたのは、3月19日に行われた第30節のスポルティング・ヒホン戦(1-2)のみだ。

 グリエスマンがアトレティコ・マドリードにとっていかに重要な存在か、データが証明している。アトレティコ・マドリードは次戦、3日にバイエルンとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグに臨み、8日にはリーガ・エスパニョーラ第37節でレバンテとアウェーで対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る